ことわざ/目から鼻へ抜ける(めからはなへぬける)とは?

「目から鼻へ抜ける」意味と読み方

【表記】目から鼻へ抜ける
【読み】めからはなへぬける
【ローマ字】MEKARAHANAHENUKERU

【意味】
頭の回転が早いさま。また、抜け目がないさま。

説明

目で見たものをすばやく嗅ぎ分ける、視覚も嗅覚も連動してすぐれた働きをする意味。非常に頭の回転が速く、利口で賢いさまのたとえ。また物事の判断がすばやく抜け目がないさまをいう。

詳細

注釈、由来

【注釈】目で見たものをすばやく嗅ぎ分ける、視覚も嗅覚も連動してすぐれた働きをすることから。

【出典元】-
【語源・由来】ー

「目から鼻へ抜ける」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

目から鼻に抜ける(めからはなにぬける)/目から入って鼻へ出る(めからはいってはなへでる)

【類義語】

一を聞いて十を知る/一を以て万を知る/一を推して万

【対義語】

一を知りて二を知らず/其の一を知りて其の二を知らず/目から耳へ抜ける/十を聞いて一を知る/一知半解

【注意】
「目が鼻へ抜ける」や「鼻から目へ抜ける」というのは誤り。

「目から鼻へ抜ける」の例文

【日本語】「彼はどんな問題に関しても、目から鼻へ抜けるような回答をする」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました