ことわざ/目から鱗が落ちる(めからうろこがおちる)とは?

「目から鱗が落ちる」意味と読み方

【表記】目から鱗が落ちる
【読み】めからうろこがおちる
【ローマ字】MEKARAUROKOGAOCHIRU

【意味】
あるきっかけで、今までよく分からなかった物事が急にはっきりわかるようになること。

説明

鱗で目がふさがれていたような感じがしていたのに、その鱗が落ちて急によく見えるようになったことから。キリスト教を迫害していたサウロの目が見えなくなったとき、イエス・キリストがキリスト教徒に語りかけ、サウロを助けるようにとキリスト教徒のアナニヤに指示した。アナニヤがサウロに手を置くと、たちまちサウロは目が見えるようになった。このときサウロは「目から鱗のようなものが落ちた」と言っている。『新約聖書』使徒行伝・第九章より。単に「目から鱗」とも。

詳細

注釈、由来

【注釈】鱗で目をふさがれた状態のように、よく見えなかったものが、急にその鱗が落ちて鮮明に見えるようになったということ。

【出典元】「新約聖書」
【語源・由来】 『新約聖書』使徒行伝・第九章にある「The scales fall from one’s eyes.」という言葉に基づく。キリスト教を迫害していたサウロの目が見えなくなったとき、イエス・キリストがキリスト教徒に語りかけ、サウロを助けるようにとキリスト教徒のアナニヤに指示した。アナニヤがサウロの上に手を置くと、サウロは目が見えるようになり、このときサウロは「目から鱗のようなものが落ちた」と言っている。

「目から鱗が落ちる」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

目から鱗(めからうろこ)

【類義語】

目から鱗

【対義語】

【注意】
「目から鱗が取れる」というのは誤り。

「目から鱗が落ちる」の例文

【日本語】「その本を初めて読んだのときは中学生だったが、目から鱗が落ちるようだった」
【英語】
The scales fall from one’s eyes.

タイトルとURLをコピーしました