ことわざ/物には時節(ものにはじせつ)とは?

「物には時節」意味と読み方

【表記】物には時節
【読み】ものにはじせつ
【ローマ字】MONONIHAJISETSU

【意味】
物事にはそれにふさわしい時機があり、その時機を外すと成功しないという意味。

説明

何事にも時機というものがあり、時機を外せば思うようには成功しないということ。状況判断が大切との戒めでもある。物事にはちょうどいい時機があるのもので、頃合いを逃して成功はない。何でもやればよいうというものではないという戒めの言葉。

詳細

注釈、由来

【注釈】「時節」とは、時機、好機のこと。

【出典元】-
【語源・由来】ー

「物には時節」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

物は時節(ものはじせつ)

【類義語】

事は時節/物に時あり/好機逸すべからず/事には時節

【対義語】

思い立ったが吉日

【注意】

「物には時節」の例文

【日本語】「今、謝罪に伺ったところで、かえって相手の反感を買うだけだから、少し間をあけたほうが良い。物には時節だ」
【英語】
Everything has its time./There is a time for all things.

タイトルとURLをコピーしました