ことわざ/本木に勝る末木なし(もときにまさるうらきなし)とは?

スポンサーリンク

「本木に勝る末木なし」意味と読み方

【表記】本木に勝る末木なし
【読み】もときにまさるうらきなし
【ローマ字】MOTOKINIMASARUURAKINASHI

【意味】
何度取り替えてみても、結局は最初のものが最も優れていたと後で気づくこと。
スポンサーリンク

説明

幹より立派な枝など無いという意味から。何回取りかえてみても、最初のものが一番よいということ。多くは、男女関係に使う。「本木」は幹、「末木」は枝のことで、幹より太い枝はないという意味。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「本木」は幹、「末木」は枝のこと。「本木」は「幹木」とも書く。

【出典元】-
【語源・由来】-

「本木に勝る末木なし」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

女房は換えるほど悪くなる/元のかかあは正直/女房は変えるほど悪くなる

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「本木に勝る末木なし」の例文

【日本語】「相手の欠点ばかり目について、いつも数年で離婚に至るが、本木に勝る末木なしで最初の妻が一番よかった」
【英語】
The stream never rises above the fountain;or the branch is seldom better than the stem./Of soup and love, the first is the best.

タイトルとURLをコピーしました