ことわざ/物は試し(ものはためし)とは?

スポンサーリンク

「物は試し」意味と読み方

【表記】物は試し
【読み】ものはためし
【ローマ字】MONOHATAMESHI

【意味】
何事も実際に試してみなければわからないから、とにかくやってみるのがよいという意味。
スポンサーリンク

説明

どんなことであっても、実際にやってみないと成否はわからないのだから、最初からだめだと決め付けないで、一度試してみるべきだということ。「試し」とは、物事の良否や真偽などを実際に調べてみること。なにごとも実際にやってみなければ成否はわからないので、最初から諦めずに一度はやってみるべきだということ。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】どんなことであっても、実際にやってみないと成否はわからないのだから、最初からだめだと決め付けないで、一度試してみるべきだということ。 「試し」とは、物事の良否や真偽などを実際に調べてみること。

【出典元】-
【語源・由来】-

「物は試し」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

【注意】
「物の試し」というのは、本来は誤り。 誤用例 「合うかどうかはわからないが、物の試しにその化粧品を買ってみた」
スポンサーリンク

「物は試し」の例文

【日本語】「骨折り損のくたびれ儲けに終わるかもしれないが、そう決め付けてしまっては何も始まらない。とにかく物は試しだ、それをやってみよう」
【英語】
You never know what you can do till you try.

タイトルとURLをコピーしました