ことわざ/孟母三遷の教え(もうぼさんせんのおしえ)とは?

「孟母三遷の教え」意味と読み方

【表記】孟母三遷の教え
【読み】もうぼさんせんのおしえ
【ローマ字】MOUBOSANNSENNNOOSHIE

【意味】
子供の教育には、環境が大切であるという教え。

説明

「孟母」とは、孟子の母親のこと。「三遷」とは、住居を三度移し変えること。孟子の家族は、はじめ墓場の近くに住んでいたが、孟子が葬式ごっこをして遊ぶので、市場の近くに引っ越した。市場の近くに住むと、孟子は商人の真似ばかりして遊ぶので、学校の近くに引っ越した。すると孟子は礼儀作法の真似ごとをするようになり、孟子の母は「この地こそ子供にふさわしい」と言って、その地に落ち着いたという逸話がある。孟子の母が三度引っ越して子どもの教育環境を改めたように、子どもの教育には、よい環境を選ばなければならないという意味である。「孟母三遷」「孟母の三遷」「三遷の教え」「孟母の三居」「孟母の教え」とも。

詳細

注釈、由来

【注釈】「孟母」とは、孟子の母親のこと。 「三遷」とは、住居を三度移し変えること。

【出典元】「古列女伝」母儀・鄒孟軻母
【語源・由来】「孟母」とは、孟子の母親のこと。「三遷」とは、住居を三度移し変えること。子どものころの孟子が、墓地の近くに引っ越すと葬式の真似をし、市場の近くに引っ越すと商売の真似をした。そこで、孟子の母が、学校の近くに引っ越せば、学習の真似をすると思い、そこに定住したという故事から。

「孟母三遷の教え」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

三遷の教え(さんせんのおしえ)/孟母三遷(もうぼさんせん)

【類義語】

【対義語】

【注意】

「孟母三遷の教え」の例文

【日本語】「孟母三遷の教えというから、物心つく前に引っ越そう」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました