ことわざ/猫に鰹節(ねこにかつおぶし)とは?

「猫に鰹節」意味と読み方

【表記】猫に鰹節
【読み】ねこにかつおぶし
【ローマ字】NEKONIKATSUOBUSHI

【意味】
猫のそばに大好物の鰹節を置くこと。油断できないこと。

説明

猫のそばに好物の鰹節をそばに置くと、すぐに食べられてしまう意味。油断できない状況、危険な状況のたとえ。猫のそばに、好物の鰹節を置くという意味。

詳細

注釈、由来

【注釈】「かつおぶし」は「かつぶし」とも読む。

【出典元】-
【語源・由来】-

「猫に鰹節」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

猫に鰹(ねこにかつおぶし)/猫に鰹節の番(ねこにかつおぶしのばん)/猫に乾鰹(ねこにかれがつお)

【類義語】

盗人に鍵を預ける/狐に小豆飯/金魚に孑孑/猫に魚の番/盗人に蔵の番

【対義語】

【注意】
予想外の幸運の意味で用いるのは誤り。 誤用例 「こんなところで欲しかった物が見つかるなんて、猫に鰹節のようだ」

「猫に鰹節」の例文

【日本語】「テーブルの上にケーキを置いたまま小さな子供に留守番をさせるなんて、猫に鰹節というものだよ」
【英語】
He sets the wolf to guard the sheep.

タイトルとURLをコピーしました