ことわざ/寝た子を起こす(ねたこをおこす)とは?

「寝た子を起こす」意味と読み方

【表記】寝た子を起こす
【読み】ねたこをおこす
【ローマ字】NETAKOWOOKOSU

【意味】
丁度よく収まっている物事に余計な口出しをして、再びもつれさせること。

説明

寝ている子供を、用もないのに起こして泣かせるように、やっと寝静まった子供をわざわざ起こし、泣かせるという意味から。治まっている物事に余計な手出しをして、問題を引き起こすことのたとえ。ようやく寝た子をわざわざ起こして泣かせるという意味。ようやく寝静まった子をわざわざ起こし、泣かせるという意味から。せっかく寝ついた子を起こして泣かすことから、治まっている物事に無用の手出しをして、再びやっかいな問題を引き起こすたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】やっと寝静まった子供をわざわざ起こし、泣かせるという意味から。 「寝ている子を起こす」「寝る子を起こす」とも。

【出典元】-
【語源・由来】ようやく寝静まった子をわざわざ起こし、泣かせるという意味から。

「寝た子を起こす」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

寝ている子を起こす(ねているこをおこす)/寝る子を起こす(ねるこをおこす)

【類義語】

知恵ない神に知恵付ける/知恵ない神に知恵つける/平地に波瀾を起こす/知恵のない子に知恵つける/藪蛇/泣かぬ子を泣かす/日向で埃を立てる/寝る子を起こす/藪をつついて蛇を出す/寝ている子を起こす

【対義語】

【注意】

「寝た子を起こす」の例文

【日本語】「本人たちが納得したのに、寝た子を起こすようなことを何故するのだ」
【英語】
Let sleeping dogs lie./Wake not a sleeping lion./Rip up old sores.

タイトルとURLをコピーしました