ことわざ/鬼に金棒(おににかなぼう)とは?

「鬼に金棒」意味と読み方

【表記】鬼に金棒
【読み】おににかなぼう
【ローマ字】ONINIKANABOU

【意味】
強い鬼にさらに金棒を持たせること。強いものに、さらに強さを加えるたとえ。

説明

元々強い鬼には素手であってもかなわないのに、鉄の棒まで加わったらますます強くなって立ち向かうことなどできないことから、強いものが良い条件を得て一段と強くなることをいう。ただえさえ強い人が、何かを得たり、良い条件が加わったりして、さらに強さを増して無敵になるという意味。

詳細

注釈、由来

【注釈】「金棒」は「鉄棒」とも書く。

【出典元】-
【語源・由来】『江戸いろはかるた』の「お」。

「鬼に金棒」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

鬼に金棒、弁慶に薙刀(おににかなぼうべんけいになぎなた)

【類義語】

仏に蓮華/鬼に鉄杖/虎に翼/鬼に金梃/獅子に鰭/駆け馬に鞭/鬼に金もたす/鬼に金棒、弁慶に薙刀/竜に翼を得たる如し/走り馬にも鞭/弁慶に薙刀

【対義語】

餓鬼に苧殻

【注意】
「金棒」は「鉄棒」とも書くが、「鬼にてつぼう」とは言わない。

「鬼に金棒」の例文

【日本語】「中学生の時からスカウト団に目をつけられている豪腕のピッチャーに、高校生とは思えぬ打撃力をもつチームだ。ここに優秀な監督が来てくれれば、鬼に金棒というもの」
【英語】
The more Moors,the better victory./That makes it double sure./Strong beyond strong.

タイトルとURLをコピーしました