ことわざ/同じ穴の狢(おなじあなのむじな)とは?

スポンサーリンク

「同じ穴の狢」意味と読み方

【表記】同じ穴の狢
【読み】おなじあなのむじな
【ローマ字】ONAJIANANOMUJINA

【意味】
一見無関係のようでも実は同類であることのたとえ。多くは、悪者についていう。
スポンサーリンク

説明

英語では 「Birds of a feather flock together」(同じ色の鳥は、群れを成す。)が類語として有名なのだが、この「同じ穴の狢」は悪い意味で使われるので少し違う。貉(アナグマと同じ。)は穴に入って住むが、たまに狸も交じって生活していることがある。違う種類の動物とはいえ、どちらも人を騙す生き物と考えられており、穴の中で二匹そろって悪だくみしていると思われている。そのため、あまり嬉しい言葉とは言えない。使い方としては、「どんな綺麗ごとを言っても、俺とお前は同じ穴の狢の盗賊なのさ。」というようなもの。「腐れ縁」。「狢(ムジナ)」は、主にアナグマを指すが、アナグマの掘った巣穴を共同で利用する動物はタヌキの他にも、キツネ、アライグマ、タヌキ、ハクビシンなどがいる。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「狢(むじな)」は、アナグマの事で、本州・四国・九州の里山に生息するタヌキに似た動物のこと。

【出典元】-
【語源・由来】アナグマの掘った巣穴に、人間を化かすと思われていたタヌキも一緒に生活する習性がある。狢とタヌキが同じ穴に入って、「人間を騙そうと何か悪い事を企んでいるのではないか?」と考えた事が由来。

「同じ穴の狢」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

同じ穴の貉/一つ穴の狐/同じ穴の狐/一つ穴の狢/同じ穴の狸

【対義語】

【注意】
似ている者同士であっても、同類の悪党という意味で用いることが多いため、使う相手・場面で注意が必要。誤用例 「私も結婚前は教師の仕事をしていたんですよ。同じ穴の狢ですね」
スポンサーリンク

「同じ穴の狢」の例文

【日本語】「結局、彼も同じ穴の狢ってことだよ。立派なことを言ってるように見えるが、金儲けだけが目的だ」
【英語】
It is the same kind./It is a bad family./We are two of a kind./Birds of a feather./Birds of a feather flock together./A raccoon dog of the same hole.

タイトルとURLをコピーしました