ことわざ/男心と秋の空(おとこごころとあきのそら)とは?

スポンサーリンク

「男心と秋の空」意味と読み方

【表記】男心と秋の空
【読み】おとこごころとあきのそら
【ローマ字】OTOKOGOKOROTOAKINOSORA

【意味】
男の女に対する愛情が、飽きやすく変わりやすいこと。
スポンサーリンク

説明

秋の天候が変わりやすいように、男性の愛情も変わりやすいというたとえ。くるくると変わりやすく、定まらないものを二つ並べている。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】変わりやすい秋の空模様のように、男の愛情も移り気で変わりやすいということ。

【出典元】-
【語源・由来】くるくると変わりやすく、定まらないものを二つ並べている。

「男心と秋の空」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

女心と秋の空(おんなごころとあきのそら)/男心と秋の空は一夜に七度変わる(おとこごころとあきのそらはいちやにななどかわる)

【類義語】

秋の空と男心は七度変わる/分からぬは夏の日和と人心/男心と秋の空は一夜に七度変わる/測り難きは人心/夫の心と川の瀬は一夜に変わる/男心と秋の空/(おとこごころとあきのそらはいちやにななどかわる)

【対義語】

女の心は猫の目/女心と秋の空

【注意】
スポンサーリンク

「男心と秋の空」の例文

【日本語】「つい先日までは同僚の女性に熱を上げていたのに、今は後輩にちょっかいばかりかけている。男心と秋の空とはいうが、なんとも軽薄な人だ」
【英語】
The hearts of men change as the seasons./It is changeable.

タイトルとURLをコピーしました