ことわざ/負うた子に教えられて浅瀬を渡る(おうたこにおしえられてあさせをわたる)とは?

スポンサーリンク

「負うた子に教えられて浅瀬を渡る」意味と読み方

【表記】負うた子に教えられて浅瀬を渡る
【読み】おうたこにおしえられてあさせをわたる
【ローマ字】OUTAKONIOSHIERARETEASASEWOWATARU

【意味】
時には自分よりも経験の浅い年下の者や、未熟なものから教えられることもあるという意味。
スポンサーリンク

説明

小さな子供は一人で川を渡れないが、背中に負ぶった子は上から浅瀬と淵をよく見分けて教えることができる。その子に教えられて深みにはまらずに済むこともあることから。「負うた子に浅瀬(を習う)」「負うた子に教えられる」とも。人は時には自分より経験の浅い年下の者から物事を教わることもあるというたとえ。背中に負ぶった子に浅瀬を教えられて川を無事に渡るという意から。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】小さな子供は一人で川を渡れないが、背中に負ぶった子は上から浅瀬と淵をよく見分けて教えることができる。その子に教えられて深みにはまらずに済むこともあることから。

【出典元】『上方いろはかるた』
【語源・由来】 「上方いろはかるた」の「お」。

「負うた子に教えられて浅瀬を渡る」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

負うた子に浅瀬/なし子に物を教わる/負うた子に浅瀬を習う/愚者も一得/八歳の翁百歳の童/愚者にも一得/三つ子の教えで浅瀬を渡る/負うた子に教えられる/三つ子に習って浅瀬を渡る

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「負うた子に教えられて浅瀬を渡る」の例文

【日本語】「負うた子に教えられて浅瀬を渡るということもあるから、息子の意見にも耳を傾けたほうがよい」
【英語】
The weak may stand the strong in stead./The weak may stand the strong in stead./A fool may give a wise man counsel.

タイトルとURLをコピーしました