ことわざ/魯魚の誤り(ろぎょのあやまり)とは?

「魯魚の誤り」意味と読み方

【表記】魯魚の誤り
【読み】ろぎょのあやまり
【ローマ字】ROGYONOAYAMARI

【意味】
文字の誤りのこと。

説明

魯(ろ)と魚は字形がよく似ており、誤りやすいことから。似た文字のあやまり。「抱朴子」に「書は三写すれば、魚は魯となり、帝は虎となる」とあるのに基づく。

詳細

注釈、由来

【注釈】魯と魚は字形がよく似ており、誤りやすいことから。

【出典元】「抱朴子」
【語源・由来】『抱朴子』に「書は三写すれば、魚は魯となり、帝は虎となる」とある。

「魯魚の誤り」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

虎虚の誤り/魯魚章草の誤り/魯魚烏焉の誤り/魯魚帝虎の誤り/焉馬の誤り/魯魚亥豕の誤り/魚豕の惑い

【対義語】

【注意】

「魯魚の誤り」の例文

【日本語】「完璧の『璧』という字を間違える人は多いね。魯魚の誤りだ」
【英語】
miswriting a word.

タイトルとURLをコピーしました