ことわざ/猿に烏帽子(さるにえぼし)とは?

スポンサーリンク

「猿に烏帽子」意味と読み方

【表記】猿に烏帽子
【読み】さるにえぼし
【ローマ字】SARUNIEBOSHI

【意味】
猿に烏帽子をかぶせる意から、人柄にふさわしくない装いや言動のたとえ。
スポンサーリンク

説明

「烏帽子」とは、成人男性が礼服を着用する際にかぶった帽子のこと。烏帽子を猿にかぶせても、そぐわないことから。外見だけ装って、実質の伴わないことのたとえ。また、ふさわしくないことをするたとえ。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「烏帽子」とは、成人男性が礼服を着用する際にかぶった帽子のこと。 烏帽子を猿にかぶせても、そぐわないことから。

【出典元】-
【語源・由来】-

「猿に烏帽子」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

猿の烏帽子/沐猴にして冠す/山猿の冠、狼の衣/猿に冠/猿の冠着たよう

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「猿に烏帽子」の例文

【日本語】「彼があんな気障な台詞を吐くなんて、まるで猿に烏帽子だね」
【英語】
No fine clothes can hide the clown.

タイトルとURLをコピーしました