ことわざ/鵜の真似をする烏(うのまねをするからす)とは?

「鵜の真似をする烏」意味と読み方

【表記】鵜の真似をする烏
【読み】うのまねをするからす
【ローマ字】UNOMANEWOSURUKARASU

【意味】
自分の能力をよく考えないで、人のまねをすると失敗するという意味。

説明

鵜も烏も同じ黒い鳥だが、鵜は潜水が得意で、烏はうまく泳げない。その烏が鵜の真似をして魚を捕ろうとしても、水に溺れるだけという意味。自分の能力をわきまえず、人の真似をして失敗することのたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「鵜」は水中で魚を取るのが得意な鳥。

【出典元】-
【語源・由来】姿が似ているからといって、烏(からす)が鵜のまねをして魚を取ろうとするとおぼれることから。

「鵜の真似をする烏」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

烏が鵜の真似(からすがうのまね)/鵜の真似する烏水に溺れる(うのまねするからすみずにおぼれる)/鵜の真似する烏は大水を飲む(うのまねするからすはおおみずをのむ)

【類義語】

鵜のまねする烏は大水を飲む/人真似すれば大水食らう/鵜の真似する烏は大水を飲む/顰に倣う/鵜のまねする烏水に溺れる/雁が飛べば石亀も地団駄/人真似すれば過ちする/鸚鵡の人まね/人真似すれば過ちとする/鵜の真似する烏水に溺れる/鸚鵡の人真似/烏が鵜の真似/身の程を知れ/人まねすれば過ちする

【対義語】

【注意】

「鵜の真似をする烏」の例文

【日本語】「聞きかじりの知識しかないのに、専門家を気取るだなんて、そんな鵜の真似をする烏みたいなことはやめたほうがよい」
【英語】
The jay is unmeet for a fiddle./It is impossible./Crow to imitate cormorant./Trying to ape your betters leads only to failure./People ruin themselves by trying to ape their betters.

タイトルとURLをコピーしました