ことわざ/匙を投げる(さじをなげる)とは?

「匙を投げる」意味と読み方

【表記】匙を投げる
【読み】さじをなげる
【ローマ字】SAJIWONAGERU

【意味】
成功する見込みがないとして、物事を断念すること。

説明

医者が薬を調合するための匙を投げ出して、「もう治療法がない」と患者を見放すという意味。治る見込みがないと患者を見放すこと。また、成功の見込みが立たずあきらめること。江戸時代の医学は、中国の東洋医学を手本にしていたが、ほとんどの病気の薬は漢方薬ぐらいしか無かった。もちろん漢方も今でも処方される薬ではあるが、明らかに外科手術が必要であるにも関わらず、それをする術が無ければ、手を施すことも出来なかったのである。今でも特定の医者を揶揄する場合に使われることわざ。

詳細

注釈、由来

【注釈】ことわざの「匙」とは、薬を調合するためのスプーンのこと。

【出典元】排風柳多留
【語源・由来】江戸後期の川柳集「排風柳多留」に、「田舎医者 さじを投げては 馬で逃げ」とある。

「匙を投げる」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

お払い箱にする

【対義語】

【注意】

「匙を投げる」の例文

【日本語】「何度教えても同じミスをくり返してばかりなので、いい加減に匙を投げたくなってきた」 「その時はもう、ほとんどの医者が匙を投げてしまってね。結局私が執刀することになったんだよ。」
【英語】
to give up./to throw in the towel./(something as hopeless).

タイトルとURLをコピーしました