ことわざ/獅子身中の虫(しししんちゅうのむし)とは?

「獅子身中の虫」意味と読み方

【表記】獅子身中の虫
【読み】しししんちゅうのむし
【ローマ字】SHISHISHINNCHUUNOMUSHI

【意味】
組織などの内部にいながら害を与える者や恩を仇で返す者のたとえ。

説明

獅子の体内に寄生した虫は、やがて獅子を死に至らせるという意味から。もとは仏教語で、仏教徒でありながら仏教に害をもたらす者のことをいった。「獅子身中の虫獅子を食らう」と続けてもいう。出典は「梵網経」。梵網経は大乗仏教の経典の1つ。大乗仏教は現在の仏教の基礎となったもの。

詳細

注釈、由来

【注釈】獅子の体内に寄生しておきながら、獅子を死に至らせる虫の意味から。

【出典元】「梵網経」
【語源・由来】『梵網経』に「獅子身中の虫、自ら獅子の肉を食らい、余外の虫に非ざるが如し。是くの如く仏子自ら仏法を破り、外道・天魔の能く破壊するに非ず(獅子は自身の体内に巣食う害虫に食われて死ぬのであり、外からの虫に食われるのではない。これと同じように悪い仏徒が自ら仏法を破壊するのであり、外道や天魔が仏法を破壊するのではない)」とある。

「獅子身中の虫」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

陰に居て枝を折る/片屋貸して母屋取られる/人は近親によって裏切られる/軒を貸して母屋を取られる/飼い犬に手を噛まれる/庇を貸して母屋を取られる/鉈を貸して山を伐られる/恩を仇で返す

【対義語】

【注意】
「獅子心中の虫」と書くのは誤り。

「獅子身中の虫」の例文

【日本語】「獅子身中の虫を駆除しなければ、この組織が潰れるのも時間の問題だ」
【英語】
A thorn in one’s flesh./Better an open enemy than a false friend.

タイトルとURLをコピーしました