ことわざ/勝負は時の運(しょうぶはときのうん)とは?

「勝負は時の運」意味と読み方

【表記】勝負は時の運
【読み】しょうぶはときのうん
【ローマ字】SHOUBUHATOKINOUNN

【意味】
勝ち負けは、その時の運、不運によるもので、力の強い方が必ず勝つとは限らないという意味。

説明

勝ち負けとはそのときの運によるもので、必ずしも強い者が勝ち、弱い者が負けるとは限らないということ。勝ちにも負けにも絶対はないのだから、勝ったから驕るべきでもないし、負けたから落胆する必要もない。敗者には慰めの言葉、勝者にとっては自戒の意味を込めて使う。勝負はその時々の運によるもので、必ずしも実力通りに決まるものではないということ。

詳細

注釈、由来

【注釈】勝負に負けた者を励ます言葉。

【出典元】-
【語源・由来】「太平記」の「軍の勝負は時の運によることなれば、あながち恥ならねど」より。

「勝負は時の運」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

勝つも負けるも時の運/勝敗は時の運/成敗は時の運/勝負は兵家の常/勝つか負けるかは時の運

【対義語】

【注意】

「勝負は時の運」の例文

【日本語】「勝負は時の運というが、まさか優勝候補のチームが甲子園に出場できないとは……。」
【英語】
The chance of war is uncertain./The race is not to the swift, nor the battle to the strong.

タイトルとURLをコピーしました