ことわざ/女房の妬くほど亭主もてもせず(にょうぼうのやくほどていしゅもてもせず)とは?

「女房の妬くほど亭主もてもせず」意味と読み方

【表記】女房の妬くほど亭主もてもせず
【読み】にょうぼうのやくほどていしゅもてもせず
【ローマ字】NYOUBOUNOYAKUHODOTEISHUMOTEMOSEZU

【意味】
女房はとかくやきもちを焼くが、亭主は女房が考えるほどもてることはないという意味。

説明

江戸時代の川柳。妻が気をもむほど、夫はよその女性にもててはいないということ。江戸時代の川柳より。女房は亭主に対し、いろいろな想像をして焼きもちをやくものだが、実際には、亭主は女房の思っているほど、外でもてているわけではないということ。

詳細

注釈、由来

【注釈】江戸時代の川柳。

【出典元】-
【語源・由来】江戸時代の川柳より。

「女房の妬くほど亭主もてもせず」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

【注意】

「女房の妬くほど亭主もてもせず」の例文

【日本語】「彼の奥さんは大変なやきもち妬きだが、女房の妬くほど亭主もてもせずで、ほとんど心配はいらない」
【英語】
Without a husband being popular so that the wife envies it.

タイトルとURLをコピーしました