ことわざ/児孫のために美田を買わず(じそんのためにびでんをかわず)とは?

「児孫のために美田を買わず」意味と読み方

【表記】児孫のために美田を買わず
【読み】じそんのためにびでんをかわず
【ローマ字】JISONNNOTAMENIBIDENNWOKAWAZU

【意味】
子孫のために財産を残すと、それを頼って身を誤ることが多いので、財産を残さない。

説明

よい田地を買うなどして財産を残せば、子孫は仕事もせずにのんきな生活を送ることになり、かえって子孫のためにはよくないことから。西郷隆盛が大久保利通に寄せた詩『偶成』の一節、「一家の遺事人知るや否や、児孫の為に美田を買わず」から。

詳細

注釈、由来

【注釈】「児孫」とは、子供と孫。子孫。「美田」とは、地味が肥え、作物がよくとれる田地。

【出典元】西郷隆盛の詩「偶成」
【語源・由来】西郷隆盛の詩「偶成」の一節、「一家の遺事人知るや否や、児孫の為に美田を買わず」から。

「児孫のために美田を買わず」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

【注意】

「児孫のために美田を買わず」の例文

【日本語】「児孫のために美田を買わずというから、息子さんのためにもあまり現金を与えないほうがよいのではないか」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました