ことわざ/他山の石(たざんのいし)とは?

「他山の石」意味と読み方

【表記】他山の石
【読み】たざんのいし
【ローマ字】TAZANNNOISHI

【意味】
他人の間違いや言動でも、自分のためになるという意味。

説明

「よその山から出た粗悪な石でも、それを砥石に利用すれば自分の玉を磨くのに役立つ」という意味で、他人の誤りを自分の修養の役に立てることをいう。『詩経・小雅(鶴鳴)』に「他山の石、以て玉を攻むべし」という記述がある。「他山の石とする」ともいう。『詩経』は中国最古の詩編。

詳細

注釈、由来

【注釈】「他山の石」とは、どこかの山で転がっていた価値の無い石ころのこと。

【出典元】「詩経」小雅・鶴鳴
【語源・由来】中国最古の詩編『詩経』の『小雅・鶴鳴』篇にて、「他山の石、以て玉を攻むべし」とあるのに基づく。 「よその山から出た粗悪な石でも、自分の玉(宝となるもの)を磨く砥石として利用できる。」という意味から。 「他山の石とする」と表す場合もある。

「他山の石」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

他山の石、以て玉を攻くべし/人のふり見て我がふり直せ/人を以て鑑となす/上手は下手の手本下手は上手の手本/人の上見て我が身を思え/前車の覆るは後車の戒め/殷鑑遠からず/覆轍/人を鑑とせよ/人こそ人の鏡/人を以て鑑と為す/他山の石以て玉を攻むべし/人の振り見て我が振り直せ

【対義語】

【注意】
目上の人に使うのは誤り。 誤用例 「師匠の言動を他山の石とし、精進していきます」 自分とは無関係の意味で使うのは誤り。 誤用例 「あの事件でみんな大騒ぎしているが、私にとっては他山の石だ」

「他山の石」の例文

【日本語】「彼の言動を批難するばかりでなく、他山の石とすべきだ。あなたにも似たようなところがあるだろう」
【英語】
a whetstone for the witsThe fault of another is a good teacher./draw a lesson from something.

タイトルとURLをコピーしました