ことわざ/天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)とは?

「天上天下唯我独尊」意味と読み方

【表記】天上天下唯我独尊
【読み】てんじょうてんげゆいがどくそん
【ローマ字】TENNJOUTENNGEYUIGADOKUSONN

【意味】
この世で自分より尊いものはないという意味。

説明

「世の中における、たった一人一人の個人とは、最も優れて貴重な存在だ」という、誰もが人に尊敬されたり、成功をおさめることができるという意味。天上天下とは、「天と地」と訳したり、単純に「空より上の空間と空より下の空間」として、宇宙そのもの、世の中の生きとし生ける全ての存在とすることもある。「唯我独尊」は「たった一人の尊い存在」という意味。釈迦が誕生したとき、四方に七歩ずつ歩き、一方の手で天を、一方の手で地を指して唱えたという『長阿含経』の話に基づく。

詳細

注釈、由来

【注釈】「天井天下」は

【出典元】「長阿含経」
【語源・由来】「天と地に挟まれた、たった一人の人間とは尊い存在だ。」釈迦が誕生したとき、四方に七歩ずつ歩き、一方の手で天を、一方の手で地を指して唱えたという『長阿含経』の話に基づく。

「天上天下唯我独尊」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

唯我独尊

【対義語】

【注意】
「自分が一番えらい」というような、うぬぼれの意味では使わない。 誤用例 「この世の中を自分が支配して、天上天下唯我独尊にしてやろう」

「天上天下唯我独尊」の例文

【日本語】「自分と意見の違う人がいても、天上天下唯我独尊の気持ちで理解し合えるよう努めたい」
【英語】
Throughout heaven and earth, I alone am the honored one.

タイトルとURLをコピーしました