ことわざ/時は金なり(ときはかねなり)とは?

スポンサーリンク

「時は金なり」意味と読み方

【表記】時は金なり
【読み】ときはかねなり
【ローマ字】TOKIHAKANENARI

【意味】
時間は貴重であるから、浪費してはならない。時間の貴さを教えることば。
スポンサーリンク

説明

時間は貴重なものであって、金銭と同じように大切で価値があるのだから、浪費するものではないという戒め。時間は無駄に費やすものではなく、有効に使うべきである。時間は金銭と同じように貴重なものだから無駄にしてはいけないということ。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】西洋のことわざ「Time is money.」から。 時間とは、金銭と同じように大切で価値があるという意味。

【出典元】ベンジャミン・フランクリン「Time is money.」
【語源・由来】西洋のことわざ「Time is money.」から。米政治家のベンジャミン・フランクリンが1748年に若い社会人向けにしたアドバイスが語源とされている。

「時は金なり」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

一刻千金/一寸の光陰軽んずべからず

【対義語】

【注意】
「金」を「きん」と読むのは誤り。
スポンサーリンク

「時は金なり」の例文

【日本語】「時は金なりだ。受験前の大切な時期なんだから、友達と長電話する暇があるなら英単語の一つでも覚えないさい」
【英語】
Time is money./Time is money.

タイトルとURLをコピーしました