ことわざ/爪の垢を煎じて飲む(つめのあかをせんじてのむ)とは?

「爪の垢を煎じて飲む」意味と読み方

【表記】爪の垢を煎じて飲む
【読み】つめのあかをせんじてのむ
【ローマ字】TSUMENOAKAWOSENNJITENOMU

【意味】
すぐれた人の爪の垢を薬として飲んで、その人にあやかろうとすること。

説明

すぐれた人に少しでも似ようと、爪の垢のように極わずかで汚いものであっても煎じて飲むというたとえ。「煎じる」とは、薬草などを煮てその成分を抽出することで、すぐれた人の爪の垢には薬効があるのではないかという意。優れた人にあやかろうとするたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「煎じる」とは、薬草などを煮てその成分を抽出すること。

【出典元】-
【語源・由来】-

「爪の垢を煎じて飲む」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

【注意】
「爪の垢を飲む」「爪を煎じて飲む」というのは誤り。

「爪の垢を煎じて飲む」の例文

【日本語】「彼女のご主人は温厚でやさしく、とても誠実な人で、うちの人にも爪の垢を煎じて飲んでほしいところだわ」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました