ことわざ/上を下へ(うえをしたへ)とは?

スポンサーリンク

「上を下へ」意味と読み方

【表記】上を下へ
【読み】うえをしたへ
【ローマ字】UEWOSHITAHE

【意味】
大混乱の大騒動のこと。
スポンサーリンク

説明

慌てふためくような大混乱というたとえ。江戸時代のころ、長屋という2階建てのアパートが多く立ち並び、町民たちはそこで生活していた。火事や地震が起きると、2階から1階へ慌てて何度も家財道具を外へ持ち運ぶ様子から、「上を下への大騒ぎ」という表現が使われた。最近では「上へ下へ」という言い方もするが、本来は「上を下へ」である。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】人や物が上にあるべき物が下へ、ごった返しているさまをいう。

【出典元】-
【語源・由来】上にあるべきものを下にし、下にあるべきものを上にするような大騒動のこと。

「上を下へ」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

上を下へ返す(うえをしたへかえす)/上よ下よ(うえよしたよ)

【類義語】

上を下への大騒ぎ /上よ下よ/上を下へ返す

【対義語】

【注意】
「上へ下へ」というのは誤り。
スポンサーリンク

「上を下へ」の例文

【日本語】「予想外に観光客が多く来たために、花火会場は上を下への大混乱となった」
【英語】
It is very much confused

タイトルとURLをコピーしました