ことわざ/有卦に入る(うけにいる)とは?

「有卦に入る」意味と読み方

【表記】有卦に入る
【読み】うけにいる
【ローマ字】UKENIIRU

【意味】
ありそうもない幸運が続という意味。物事が全てうまくいくこと。

説明

「有卦」とは、陰陽道で幸運が七年間続くという年回りのこと。その後五年間続く凶年は「無掛」という。

詳細

注釈、由来

【注釈】ありそうもない幸運が続くの意で、すべての物事がうまくいくこと。「有卦」とは、陰陽道で幸運が七年間続くという年回りのこと。その後五年間続く凶年は「無掛」という。

【出典元】『好色一代男』
【語源・由来】ありそうもない幸運が続くような事で、すべての物事が上手くいく事から。 陰陽道にて、誕生日の干支から計算される、幸運が七年間続くという年回りを表す「有卦」から。ちなみに、その後五年間続く凶年は「無掛」という。

「有卦に入る」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

【注意】
「受けに入る」と書くのは誤り。「入る」を「はいる」と読むのは誤り。

「有卦に入る」の例文

【日本語】「仕事では昇進し、子宝にも恵まれて、すべてが思い通りになった彼は今有卦に入っている」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました