ことわざ/魚と水(うおとみず)とは?

スポンサーリンク

「魚と水」意味と読み方

【表記】魚と水
【読み】うおとみず
【ローマ字】UOTOMIZU

【意味】
切っても切れない非常に親しい関係のたとえ。
スポンサーリンク

説明

とても親密な関係のことのたとえ。また、夫婦の仲がむつまじいこと。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】水と魚が切っても切り離せない関係であることから。

【出典元】-
【語源・由来】水と魚が切り離せないように、きわめて親密な関係ということ。「三国志・蜀志・諸葛亮伝」より。

「魚と水」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

金蘭の契り/心腹の友/刎頸の友/断琴の交わり/水魚の交わり/断金の交わり/管鮑の交わり/膠漆の交わり/金石の交わり/莫逆の友/水魚の親/水と魚/君臣水魚/刎頸の交わり/断金の契り

【対義語】

犬と猿/犬猿の仲/犬猿もただならず/犬と猫

【注意】
スポンサーリンク

「魚と水」の例文

【日本語】「彼らはは魚と水のようだね」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました