ことわざ/馬に乗るまでは牛に乗れ(うまにのるまではうしにのれ)とは?

スポンサーリンク

「馬に乗るまでは牛に乗れ」意味と読み方

【表記】馬に乗るまでは牛に乗れ
【読み】うまにのるまではうしにのれ
【ローマ字】UMANINORUMADEHAUSHININORE

【意味】
高い地位につくためには、まず低い地位で力をつけよということ。もしくは、最善の策がとれない場合は、次善の策をとれという意味。
スポンサーリンク

説明

高い地位に就く前には、一旦ひとまず低い地位に就いて実力をつけるべきだという事。また、最善策が取れないならば、次善の策を取るべきだという事。 何もしないでいるよりも、少しでも前に進んだほうがよいという事。馬は牛より速いが、乗馬は難しいから、ひとまず牛に乗って練習せよという意から。このことわざ以外にも「馬」と「牛」を比較した様なことわざがいくつか存在する。基本的には「牛は足の遅いもの、馬は足の速いもの」という特徴から優劣を表現する場合が多い。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】馬は牛より速いが、いきなり乗馬するのは難しいので、まずは牛に乗って乗り方の訓練をせよという意から。何もしないでいるよりも、少しでも前に進んだほうがよいということ。

【出典元】-
【語源・由来】-

「馬に乗るまでは牛に乗れ」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「馬に乗るまでは牛に乗れ」の例文

【日本語】「待っている間にも何かするべきことはあるはずだ、馬に乗るまでは牛に乗れというだろう」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました