ことわざ/馬に乗るとも口車に乗るな(うまにのるともくちぐるまにのるな)とは?

「馬に乗るとも口車に乗るな」意味と読み方

【表記】馬に乗るとも口車に乗るな
【読み】うまにのるともくちぐるまにのるな
【ローマ字】UMANINORUTOMOKUCHIGURUMANINORUNA

【意味】
巧みな言葉や、うまい話には注意が必要だという意味。

説明

馬に乗っても被害は何もないが、口車に乗るとだまされてひどい目にあうから注意せよということ。「馬に乗る」と「口車に乗る」を掛けたことわざ。都合のいい話には、用心すべきだと言う事。

詳細

注釈、由来

【注釈】「口車」とは、相手をだますための巧みな言い回しのこと。

【出典元】-
【語源・由来】-

「馬に乗るとも口車に乗るな」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

馬に乗っても口車に乗るな(うまにのってもくちぐるまにのるな)

【類義語】

石車に乗っても口車に乗るな/煽てと畚には馬鹿が乗る/煽てと畚には乗りやすい/煽てと畚には乗るな

【対義語】

【注意】

「馬に乗るとも口車に乗るな」の例文

【日本語】「そんな都合のいい話があるものか。馬に乗るとも口車に乗るなと言うだろう」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました