ことわざ/牛に経文(うしにきょうもん)とは?

「牛に経文」意味と読み方

【表記】牛に経文
【読み】うしにきょうもん
【ローマ字】USHINIKYOUMONN

【意味】
どんなに説き聞かせても効き目のないこと。

説明

牛にお経を聞かせても、ありがたいと思わず、何の効果もないことから。いくら言い聞かせてみても、なんの意味もなく、効果もない事。

詳細

注釈、由来

【注釈】「経文」はお経のこと。

【出典元】-
【語源・由来】「経文」はお経のことを指し、牛にお経を聞かせてみても、牛は当然の事ながらありがたいと思わず、何の効果もない事から。

「牛に経文」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

馬の耳に念仏/犬に論語/馬の耳に風/犬に小判/馬耳東風/蛙の面に水/牛に対して琴を弾ず/犬に念仏猫に経/豚に真珠/馬に経文/豚に念仏猫に経/牛に説法馬に銭/兎に祭文/馬の目に銭/猫に石仏/猫に胡桃をあずける/猫に小判/牛に麝香

【対義語】

【注意】

「牛に経文」の例文

【日本語】「周囲が見えなくなるほどのめり込んでいる彼に何を言っても牛に経文だ」
【英語】
To talk to the wind.

タイトルとURLをコピーしました