ことわざ/生みの親より育ての親(うみのおやよりそだてのおや)とは?

スポンサーリンク

「生みの親より育ての親」意味と読み方

【表記】生みの親より育ての親
【読み】うみのおやよりそだてのおや
【ローマ字】UMINOOYAYORISODATENOOYA

【意味】
生んでくれた親より、育ててくれた親に愛情も恩義も感じるということ。
スポンサーリンク

説明

自分を生んでくれた親よりも、育ててくれた親のほうが、愛情も恩義(おんぎ)も深く感じるということ。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】血のつながりに関係なく、身近に愛情を感じた親に恩義を感じるという意味。

【出典元】-
【語源・由来】ー

「生みの親より育ての親」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

産みの親より育ての親(うみのおやよりそだてのおや)

【類義語】

生みの恩より育ての恩/後の親が親

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「生みの親より育ての親」の例文

【日本語】「生みの親より育ての親で、実の親以上に義理の母親を慕っている」
【英語】
A child is what his parents make.(子供は親の育て方で決まる)

タイトルとURLをコピーしました