ことわざ/横紙破り(よこがみやぶり)とは?

スポンサーリンク

「横紙破り」意味と読み方

【表記】横紙破り
【読み】よこがみやぶり
【ローマ字】YOKOGAMIYABURI

【意味】
自分の意見を無理に押し通そうとすること。また、そのような人。
スポンサーリンク

説明

和紙は縦に目が通っているため、横には裂けにくい性質がある。その和紙を無理に横に破ることから、自分の考えを無理に押し通す意味で使われる。また、そういうことをする強引な人をさす。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】和紙は縦に目が通っているため、横には裂けにくい性質がある。

【出典元】-
【語源・由来】ー

「横紙破り」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

横紙を裂く(よこがみをさく)

【類義語】

横車を押す

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「横紙破り」の例文

【日本語】「彼は本当に横紙破りな人だ」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました