ことわざ/対岸の火事(たいがんのかじ)とは?

「対岸の火事」意味と読み方

【表記】対岸の火事
【読み】たいがんのかじ
【ローマ字】TAIGANNNOKAJI

【意味】
自分とは無関係で、なんの苦痛もないこと。

説明

向こう岸で起きている火事は、こちらの岸まで燃える心配がないという意味。自分にはまったく影響がなく、苦痛を感じないたとえ。他人にとっては重要な事でも、自分にとっては関係がないため、痛くも痒くもない事。

詳細

注釈、由来

【注釈】「対岸」とは、向こう岸のこと。

【出典元】-
【語源・由来】川の向こう岸で起きている火事は、こちら側の岸が燃える心配が無い事から。

「対岸の火事」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

対岸の火災(たいがんのかさい)

【類義語】

高みの見物/川向いの喧嘩/山門から喧嘩見る/川向こうの喧嘩/向こう河岸の火事/川向こうの火事/川向かいの喧嘩

【対義語】

【注意】
「他山の石」と混同し、「他山の火事」とするのは間違い。 「危険がそばにある」という意味で使うのは誤り。

「対岸の火事」の例文

【日本語】「係長が突然解雇された件については、決して対岸の火事とは思えない」
【英語】
The comforter’s head never aches./It has nothing to do with me./The comforter’s head never aches./It’s somebody else’s problem.

タイトルとURLをコピーしました