ことわざ/どんぐりの背比べ(どんぐりのせいくらべ)とは?

スポンサーリンク

「どんぐりの背比べ」意味と読み方

【表記】どんぐりの背比べ
【読み】どんぐりのせいくらべ
【ローマ字】DONNGURINOSEIKURABE

【意味】
どれもこれも平凡で、秀でたものがいないこと。
スポンサーリンク

説明

どんぐりは形も大きさもほぼ一様で差がないので、背比べをしても優劣が決められないことからいう。どれもこれも似たり寄ったりで、殆ど変わらず、抜きん出た者がいない事。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「背比べ」は「背競べ」とも書く。

【出典元】-
【語源・由来】団栗は形も大きさもほぼ同じで差が無い為に、背比べをしたところで優劣が決められない事から。

「どんぐりの背比べ」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

五分五分/一寸法師の背比べ/大同小異/同工異曲/目糞鼻糞を笑う/似たり寄ったり/五十歩百歩

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「どんぐりの背比べ」の例文

【日本語】「今大会の出場選手はどんぐりの背比べで、優勝候補と呼ばれる選手は不在だった」
【英語】
having no outstanding characteristicsall seeming about the same./Neither barrel better herring.

タイトルとURLをコピーしました