ことわざ/屠所の羊(としょのひつじ)とは?

「屠所の羊」意味と読み方

【表記】屠所の羊
【読み】としょのひつじ
【ローマ字】TOSHONOHITSUJI

【意味】
屠所に引かれていく羊。死が刻々と迫ること。

説明

刻々と死期が近づいてくることのたとえ。また、不幸に打ちひしがれて気力をなくしていることのたとえ。屠殺場に引かれていく羊の気持ちから。

詳細

注釈、由来

【注釈】「屠所」とは、家畜を殺して処理する所。

【出典元】「摩訶摩耶経」
【語源・由来】「屠所(としょ)」とは、人間の食用の肉になる家畜を殺して処理する所を言い、そこに連れていかれる羊の様子から転じてきている。

「屠所の羊」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

屠所の羊の歩み(としょにひつじのあゆみ)/屠所の歩み(としょのあゆみ)

【類義語】

羊の歩み/牲に赴く羊/生簀の鯉

【対義語】

【注意】

「屠所の羊」の例文

【日本語】「彼はまるで屠所の羊のようにがっくりとうなだれていた」
【英語】
like a prisoner dragged to execution..

タイトルとURLをコピーしました