ことわざ/学問に王道なし(がくもんにおうどうなし)とは?

スポンサーリンク

「学問に王道なし」意味と読み方

【表記】学問に王道なし
【読み】がくもんにおうどうなし
【ローマ字】GAKUMONNNIOUDOUNASHI

【意味】
学問をするのに安易な方法はない。
スポンサーリンク

説明

学問というものは、段階を追って学んでいかなければならないもので、一挙に身につける安易な方法なないということ。「王道」は、王様のための特別な近道の意。エジプト王がユークリッドに、幾何学を簡単に学ぶ方法を尋ねた時、「幾何学に王道なし」と答えたという。知識や知恵を簡単に手に入れることは出来ないということ。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「王道」とは、王様専用の特別な近道という意味で、安易な方法や近道のこと。

【出典元】-
【語源・由来】ギリシャの数学者ユークリッドが、エジプト王トレミーに「もっと簡単に幾何学を学ぶ方法はないのか」と聞かれ、「幾何学に王道なし」と答えたことから。

「学問に王道なし」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

幾何学に王道なし/学問に近道なし/下学して上達す

【対義語】

【注意】
勉強に関わる分野以外では使わない。誤用例 「いくら運動神経が良くても、短期間で黒帯が取れるわけではない。学問に王道なしだ」
スポンサーリンク

「学問に王道なし」の例文

【日本語】「学問に王道なしで、受験勉強は一夜漬けでできるはずがない」
【英語】
There is no royal road to learning.

タイトルとURLをコピーしました