ことわざ/石に漱ぎ流れに枕す(いしにくちすすぎながれにまくらす)とは?

「石に漱ぎ流れに枕す」意味と読み方

【表記】石に漱ぎ流れに枕す
【読み】いしにくちすすぎながれにまくらす
【ローマ字】ISHINIKUCHISUSUGINAGARENIMAKURASU

【意味】
負け惜しみが強いこと。

説明

中国の晋の孫楚が、本来なら「石に枕し流れに漱ぐ(俗世間を離れ、人里離れたところで自由に暮らす)」と言うべきところを「石に漱ぎ流れに枕す」と言い誤ってしまったとき、友人の王済に「流れを枕として、石で口をすすぐって、どうやるんだ?」とからかわれた。すると負けん気の強い孫楚は、「流れに枕するのは俗事を聞いて汚れた耳をすすぐためであり、石に漱ぐのは歯を磨くためだ!」とこじつけたという。「さすが」に当てた漢字の「流石」や、「夏目漱石」というペンネームも、この言葉に由来する。「さすがにうまく言い逃れた」という意味でもある。

詳細

注釈、由来

【注釈】中国晋の孫楚が、本来なら「石に枕し流れに漱ぐ(俗世間を離れ、人里離れたところで自由に暮らす)」と言うべきところを「石に漱ぎ流れに枕す」と言い誤ってしまったとき、友人の王済にからかわれた。すると負けん気の強い孫楚は、「流れに枕するのは俗事を聞いて汚れた耳をすすぐためであり、石に漱ぐのは歯を磨くためだ」とこじつけたという故事に基づく。「さすが」に当てた漢字の「流石」や、「夏目漱石」という雅号は、この言葉に由来する。

【出典元】「晋書」
【語源・由来】中国、晋の孫楚が王済に、「石に枕し流れに漱ぐ」というべきところを「石に漱ぎ流れに枕す」と誤って言ってしまった。王済が「流れは枕とすることはできず、石で口をすすぐことはできない」と言うと、「石に漱ぐとは歯を磨くこと、流れに枕すとは耳を洗うこと」だとこじつけたという故事による。「晋書」 より。

「石に漱ぎ流れに枕す」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

這っても黒豆/漱石枕流 /流れに枕し石に漱ぐ/漱石枕流/鷺を烏

【対義語】

【注意】

「石に漱ぎ流れに枕す」の例文

【日本語】「彼は素直じゃないから、自分が悪くても石に漱ぎ流れに枕すばかりだ」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました