ことわざ/いつまでもあると思うな親と金(いつまでもあるとおもうなおやとかね)とは?

スポンサーリンク

「いつまでもあると思うな親と金」意味と読み方

【表記】いつまでもあると思うな親と金
【読み】いつまでもあるとおもうなおやとかね
【ローマ字】ITSUMADEMOARUTOOMOUNAOYATOKANE

【意味】
自立と倹約を心がけるべきだという戒め。
スポンサーリンク

説明

いつまでも親が面倒をみてくれるわけではなく、親はいつか死ぬものであり、あると思っていても金は使えばなくなってしまうという意味から。人は誰かに頼る心を捨て、節約して生きていけということ。独立と倹約を心がけよという戒めのことば。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】いつまでも親が面倒をみてくれるわけではなく、親はいつか死ぬものであり、あると思っていても金は使えばなくなってしまうという意味から。人は誰かに頼る心を捨て、節約して生きていけということ。

【出典元】-
【語源・由来】親はいつまでも面倒を見てくれるわけではなく、子供より先に死ぬのが自然の道理である。また、お金も使ってしまえばなくなるという意味が由来。

「いつまでもあると思うな親と金」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

いつまでもないと思うな災いと難/いつまでも無いと思うな運と災難

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「いつまでもあると思うな親と金」の例文

【日本語】「いつまでもあると思うな親と金だ、君はもう少し自立した将来設計を立てたほうがいい」
【英語】
It is too late to grieve when the chance is past.

タイトルとURLをコピーしました