ことわざ/創業は易く守成は難し(そうぎょうはやすくしゅせいはかたし)とは?

「創業は易く守成は難し」意味と読み方

【表記】創業は易く守成は難し
【読み】そうぎょうはやすくしゅせいはかたし
【ローマ字】SOUGYOUHAYASUKUSHUSEIHAKATASHI

【意味】
新たに事業を興すよりも、その事業を維持し発展させるのはさらに難しいという意味。

説明

国家を建設することよりも、それを維持することのほうが難しいという意からできたことわざ。新しく事業を始めることはたやすいが、その事業を受け継いで守ることは難しいということ。唐の太宗(たいそう:中国の唐を建国した人物と言われている。第二皇帝。)が、「帝王の業は、創業と守成とどちらが難しい」と側近に尋ねたとき、宰相(総理大臣に近い役職。)の房玄齢は「創業が難しい」と答え、名臣の魏徴(初代皇帝に仕えていたが、太宗が実権を握ってからは、忠臣となり、第二皇帝の政治を助けた。)は「守成が難しい」と答えたが、それに対して太宗は「創業の難事は過去の事、今は守成の難事に当たろう」と述べたという故事に基づいている。

詳細

注釈、由来

【注釈】「創業」とは、新しく事業を始めること。「守成」とは、築き上げたものを守り続けていくこと。

【出典元】「貞観政要」
【語源・由来】唐の太宗が側近に「帝王の業は創業と守成と、どちらが難しいか」と尋ねたときに、宰相の房玄齢は「創業が難しい」、名臣の魏徴は「守成が難しい」と答えた。それに対して太宗が「創業の難事は過去のこと。今は守成の難事にあたろう」と答えたという故事に基づく。「貞観政要」(論君道)より。

「創業は易く守成は難し」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

創業守文

【対義語】

【注意】
「創業は易く守勢は難し」と書くのは誤り。

「創業は易く守成は難し」の例文

【日本語】「一代目が築き上げた老舗の名店も、三代目の頃には見る影もなくなった。創業は易く守成は難しということだろう」
【英語】
One hath more ado to preserve than to get.

タイトルとURLをコピーしました