ことわざ/地獄の沙汰も金次第(じごくのさたもかねしだい)とは?

「地獄の沙汰も金次第」意味と読み方

【表記】地獄の沙汰も金次第
【読み】じごくのさたもかねしだい
【ローマ字】JIGOKUNOSATAMOKANESHIDAI

【意味】
あの世もこの世も、何でも金の力で左右されるという意味。

説明

地獄での裁きでさえ金があれば有利にできるという意味から、何事も金の力さえあればどうにでもなるということ。この世の事は、すべて金の力でどうにでもなるということのたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「沙汰」とは、「裁判」「裁定」の意。

【出典元】『上方いろはかるた』『尾張いろはかるた』
【語源・由来】この世の裁きよりも厳しいとされる、地獄の裁きでさえも、お金を出せばひどい目には会わなくてもすむという意味が由来。 「上方いろはかるた」のひとつ。上方いろはかるた」とは、いろは47文字に「京」の文字を加えた48字を使った、ことわざのかるたのこと。 「いろはかるた」は、江戸、京都、大阪、上方、尾張など、地方によって違いがある。

「地獄の沙汰も金次第」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

地獄の沙汰も金(じごくのさたもかね)/地獄の沙汰も銭次第(じごくのさたもぜにしだい)

【類義語】

阿弥陀の光も銭次第/阿弥陀も銭で光る/金があれば馬鹿も旦那/金が言わせる旦那/金が言わせる追従/金が物を言う/金さえあれば行く先で旦那/金さえあれば飛ぶ鳥も落ちる/金で面を張る/金の光は阿弥陀ほど/金の光は七光/金は威光の元/金は仏ほど光る/人間万事金の世の中/成るも成らぬも金次第/先立つ物は金/千金は死せず百金は刑せられず/銭ある時は鬼をも使う/銭ある時は石仏も頭を返す/銭ある者は生き、銭なき者は死す/銭あれば木仏も面を返す/銭あれば木仏も面を和らぐ/銭は阿弥陀ほど光る/地獄極楽の道も銭/地獄極楽金次第/仏の光より金の光/仏の沙汰も銭/冥土の道も金次第

【対義語】

【注意】

「地獄の沙汰も金次第」の例文

【日本語】「地獄の沙汰も金次第というが、大金を積んだおかげで無罪放免だというのだから、矛盾を感じるよ」
【英語】
Money makes the mare to go./Money is a key which opens many a door./Money is the best lawyer./No penny, no pardon.

タイトルとURLをコピーしました