ことわざ/金の切れ目が縁の切れ目(かねのきれめがえんのきれめ)とは?

スポンサーリンク

「金の切れ目が縁の切れ目」意味と読み方

【表記】金の切れ目が縁の切れ目
【読み】かねのきれめがえんのきれめ
【ローマ字】KANENOKIREMEGAENNNOKIREME

【意味】
金銭だけで成り立っていた関係は、金がなくなった途端付
スポンサーリンク

説明

親しい人間関係も、結局は金次第であり、金があるときには慕ってきた者も、金がなくなると見向きもしなくなる。金がある時はちやほやされるが、金がなくなると相手にされず関係が切れるということ。元は遊女と遊客の金銭によって成り立っていた関係をさした。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】金があるうちは、ちやほやされたり慕われたりするが、金が尽きれば掌を返すように冷たくなり、関係が切れることをいう。元は遊女と遊客の金銭によって成り立っていた関係をさした。

【出典元】-
【語源・由来】-

「金の切れ目が縁の切れ目」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

愛想づかしは金から起きる/出雲の神より恵比寿の紙/愛想づかしも金から起きる

【対義語】

【注意】
「金とは縁がない」の意味で使うのは誤り。誤用例 「学生時代からずっと、金の切れ目が縁の切れ目で、家賃を滞納することも多かった」
スポンサーリンク

「金の切れ目が縁の切れ目」の例文

【日本語】「金の切れ目が縁の切れ目というが、金を貸した時はあんなに慕ってきたのに、断った途端に電話にさえ出なくなった。寂しい人だ」
【英語】
So long as fortune sits at the table friends sit there./When poverty comes in at the doors, love leaps out at windows./Love lasts as long as money endures.

タイトルとURLをコピーしました