ことわざ/烏の行水(からすのぎょうずい)とは?

「烏の行水」意味と読み方

【表記】烏の行水
【読み】からすのぎょうずい
【ローマ字】KARASUNOGYOUZUI

【意味】
入浴時間が短いこと。

説明

カラスが短い時間で水浴びをするさまから。入浴時間が、きわめて短いことのたとえ。烏が短い時間で水浴びをする様子から。入浴で、よく洗いもせずに、すぐに出てしまうこと。

詳細

注釈、由来

【注釈】「行水」とは、たらいに湯や水を入れて体を洗い流すこと。

【出典元】-
【語源・由来】-

「烏の行水」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

烏浴び

【対義語】

【注意】
「鳥の行水(とりのぎょうずい)」というのは誤り。

「烏の行水」の例文

【日本語】「父の入浴は烏の行水で、十分もあれば風呂場から出てくる」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました