ことわざ/兄たり難く弟たり難し(けいたりがたくていたりがたし)とは?

スポンサーリンク

「兄たり難く弟たり難し」意味と読み方

【表記】兄たり難く弟たり難し
【読み】けいたりがたくていたりがたし
【ローマ字】KEITARIGATAKUTEITARIGATASHI

【意味】
二人のうちどちらが優れているか優劣をつけられないこと。
スポンサーリンク

説明

力量などがほぼ同格で、どちらがすぐれているかを決められないこと。『世説新語・徳行』に陳寔のことばで「元方は兄為り難く、季方は弟為り難し」とある。両者の実力が伯仲しているので、元方を優るとも、季方を劣るとすることもむずかしい。陳寔は、元方と季方の父で、後漢の霊帝に仕えて争訟を巧みに裁いたといわれている。また、太丘県の長を務めていたので陳太丘とも呼ばれた。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「たり」とは、格助詞「と」に「あり」が付いた「とあり」の転で、「一致している・そうだ」という意味。

【出典元】「世説新語」
【語源・由来】「世説新語(せせつしんご)」徳行(とくこう)に、太丘の言葉として、「元方(げんほう)は兄為(た)り難く、季方(きほう)は弟為り難し」とあるのに基づく。 両者の実力が伯仲(はくちゅう)しているので、元方を優るとも、季方を劣るとすることもむずかしい。太丘とは、元方と季方の父で、後漢の霊帝に仕えて争訟を巧みに裁いたといわれている。

「兄たり難く弟たり難し」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

双璧/いずれ菖蒲か杜若/何れ菖蒲か杜若/伯仲の間

【対義語】

【注意】
「兄足り難く弟足り難し」と書いたり、両者とも「足りない」といった悪い意味で使うのは誤り。
スポンサーリンク

「兄たり難く弟たり難し」の例文

【日本語】「決勝に勝ち進んだ二人の実力は相当なもので、兄たり難く弟たり難しだ」
【英語】
The superiority and inferiority is not acquired which is superior.

タイトルとURLをコピーしました