ことわざ/金時の火事見舞い(きんときのかじみまい)とは?

スポンサーリンク

「金時の火事見舞い」意味と読み方

【表記】金時の火事見舞い
【読み】きんときのかじみまい
【ローマ字】KINNTOKINOKAJIMIMAI

【意味】
飲酒などで真っ赤になった顔のたとえ。
スポンサーリンク

説明

酒に酔って真っ赤になったことのたとえ。顔が赤くて有名な坂田金時が火事見舞いに行けば、炎の熱気でますます顔が赤くなることから。「金時」は、源頼光の四天王の一人、坂田金時のこと。幼名は「金太郎」で、昔話の「金太郎」のモデルといわれている。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「金時」は、源頼光の四天王の一人である坂田金時(公時)のこと。

【出典元】-
【語源・由来】-

「金時の火事見舞い」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

金時の棒ねじり/金時が酒に酔ったよう/満面朱を注ぐ /猿の花見/猿の火事見舞い/金時の醤油炊き

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「金時の火事見舞い」の例文

【日本語】「酒に弱い彼女の顔は、金時の火事見舞いのようだった」
【英語】
After just one cup of sake he turns bright red.

タイトルとURLをコピーしました