ことわざ/京の着倒れ、大阪の食い倒れ(きょうのきだおれ、おおさかのくいだおれ)とは?

スポンサーリンク

「京の着倒れ、大阪の食い倒れ」意味と読み方

【表記】京の着倒れ、大阪の食い倒れ
【読み】きょうのきだおれ、おおさかのくいだおれ
【ローマ字】KYOUNOKIDAORE,OOSAKANOKUIDAORE

【意味】
京都の人は衣装にお金をかけ、大阪の人はぜいたくな飲食をして、そのために財産をなくしてしまう人さえあるということ。
スポンサーリンク

説明

京都の人は衣服に金をかける着道楽、大阪の人は飲食に金をかける食道楽の気風があるという事。服飾にできる限り贅沢をする優雅な京の気風と、飲食の質を重んじる商人の町である大阪の気質を対比させていったことば。これにならって、他県・他国(主に近隣)との対照的な違いを指したことわざが多くある。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「着倒れ」は、着るものに金をかけすぎて財産をなくすこと。「食い倒れ」は、飲食に金をかけすぎて財産をなくすこと。

【出典元】-
【語源・由来】服飾にできる限り贅沢をする優雅な京の気風と、飲食の質を重んじる商人の町である大阪の気質を対比させていった事から。

「京の着倒れ、大阪の食い倒れ」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

越後の食い倒れ、上州の着倒れ/阿波の着倒れ、伊予の食い倒れ/下総の食い倒れ、常陸の着倒れ/京は着て果て、大阪は食って果てる/尾張の着倒れ、美濃の系図倒れ/関東の食い倒れ、上方の着倒れ/桐生の着倒れ、足利の食い倒れ/大阪の食い倒れ、堺の建て倒れ、尼崎は履いて果てる/備前の着倒れ、因幡の食い倒れ、作州の家倒れ /紀州の着倒れ、水戸の飲み倒れ、尾張の食い倒れ/江戸の食い倒れ/甲州の着倒れ、信州の食い倒れ/関東の着倒れ、奥州の食い倒れ/因幡の食い倒れ

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「京の着倒れ、大阪の食い倒れ」の例文

【日本語】「京の着倒れ大阪の食い倒れというように、稼ぐ以上に衣服に金を費やしている」
【英語】
Kyoto people are extravagant in dress and Osaka people in food.

タイトルとURLをコピーしました