ことわざ/桐一葉(きりひとは)とは?

スポンサーリンク

「桐一葉」意味と読み方

【表記】桐一葉
【読み】きりひとは
【ローマ字】KIRIHITOHA

【意味】
小さな出来事から衰亡の兆しを感じ取ることのたとえ。
スポンサーリンク

説明

青桐の葉は、ほかの葉よりも早く落ちるため、秋の訪れを知るという。そのため、物事の衰退の兆しを表す言葉とされている。また、一つの事から様々な視点で物事をとらえる時にも用いる。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】桐とは「青桐」のことで、他の木に比べて早く葉が落ちるのが特徴。つまり、秋の訪れを早く知ることができると言われている。

【出典元】-
【語源・由来】-

「桐一葉」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

桐の一葉(きりのひとは)

【類義語】

霜を履みて堅氷至る/一葉落ちて天下の秋を知る/瓶中の氷を見て天下の寒きを知る /桐一葉落ちて天下の秋を知る

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「桐一葉」の例文

【日本語】「些細な動きも見逃すな、桐一葉だ」
【英語】
A straw show which way the wind blows.(一本の麦わらを見れば風向きがわかる)

タイトルとURLをコピーしました