ことわざ/帰心矢の如し(きしんやのごとし)とは?

スポンサーリンク

「帰心矢の如し」意味と読み方

【表記】帰心矢の如し
【読み】きしんやのごとし
【ローマ字】KISHINNYANOGOTOSHI

【意味】
故郷や我が家に帰りたいと思う気持ちが募ること。
スポンサーリンク

説明

家や故郷などへ、早く帰りたいと思うこと。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「帰心」とは、故郷や我が家に帰りたいと思う心。「矢の如し」で、勢いよく飛ぶ矢のように早くという気持ちを表している。

【出典元】-
【語源・由来】勢いよく飛ぶ矢のように、早く帰りたいと思うこと。

「帰心矢の如し」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「帰心矢の如し」の例文

【日本語】「彼は終業の合図が鳴るや否や、走って帰っていった。彼の心情は帰心矢の如しといったところか」
【英語】
I would like to be immediate and to return to a hometown

タイトルとURLをコピーしました