ことわざ/好機逸すべからず(こうきいっすべからず)とは?

「好機逸すべからず」意味と読み方

【表記】好機逸すべからず
【読み】こうきいっすべからず
【ローマ字】KOUKIISSUBEKARAZU

【意味】
よい機会を逃してはならない。

説明

チャンスが訪れたときは、それを逃さずに行動するべきである。いくら努力や才能があっても、機会に恵まれなければ成功はないのだということ。めぐってきた好機は逃してはいけないというたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】チャンスが訪れたときは、それを逃さずに行動するべきである。いくら努力や才能があっても、機会に恵まれなければ成功はないのだということ。

【出典元】-
【語源・由来】才能に恵まれていても、チャンスを掴めないと成功できないので、好機は掴めということ。

「好機逸すべからず」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

思い立ったが吉日/機失うべからず/奇貨居くべし/鉄は熱いうちに打て/物に時あり/物には時節/善は急げ/事は時節/鉄は熱いうちに鍛えよ

【対義語】

【注意】

「好機逸すべからず」の例文

【日本語】「好機逸すべからずで、こんなチャンスは二度と来ないだろうから、なんとしてでもものにすべきだ」
【英語】
It is too late to grieve when the chance is pastNow or never./Strike while the iron is hot./It is too late to grieve when the chance is past./Now or never./Make hay while the sun shines.

タイトルとURLをコピーしました