ことわざ/念には念を入れよ(ねんにはねんをいれよ)とは?

「念には念を入れよ」意味と読み方

【表記】念には念を入れよ
【読み】ねんにはねんをいれよ
【ローマ字】NENNNIHANENNWOIREYO

【意味】
注意したうえにも注意を重ねよ。きわめて慎重に物事を行えという意味。

説明

注意した上にも、さらに注意せよということ。もしくは用心した上に、さらに重ねて用心するという意味。どんな事でも良く注意したつもりがどこかに手落ちがあるかもしれないので、手抜かりがないように慎重に、細心の注意を払うべきであるという事が由来。

詳細

注釈、由来

【注釈】「念」とは、「気をつけること」「注意すること」という意味。

【出典元】『江戸いろはかるた』
【語源・由来】「江戸いろはかるた」の「ね」。 「念を入れる」とは、間違いがないか気を配ることで、「念を押す」ともいう。

「念には念を入れよ」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

念には念を入れる(ねんにはねんをいれる)/念を入れよ(ねんをいれよ)

【類義語】

念を入れよ/用心は臆病にせよ/念には念を入れる/石橋を叩いて渡る/二番目の考えが最善である/浅い川も深く渡れ/念の上にも念/濡れぬ先の傘/分別の分が百貫する/分別の上の分別/石橋に鉄の杖/三遍回って煙草にしょ/用心には網を張れ/瀬を踏んで淵を知る/一度話す前に二度聞け/転ばぬ先の杖

【対義語】

彩ずる仏の鼻を欠く/念の過ぐるは無念/分別過ぐれば愚に返る/念者の不念/一か八か

【注意】
「念にも念を入れる」というのは誤り。

「念には念を入れよ」の例文

【日本語】「何日も前から準備はすべて整っていたが、昨日もかばんをひっくり返して中身を確認し、今日またもう一度チェックした。大事なイベントだから、念には念を入れよだ」
【英語】
Look before you leap./Make sure./Just to make sure./Second thoughts are best./Double sure.

タイトルとURLをコピーしました