ことわざ/人間到る処青山あり(にんげんいたるところせいざんあり)とは?

スポンサーリンク

「人間到る処青山あり」意味と読み方

【表記】人間到る処青山あり
【読み】にんげんいたるところせいざんあり
【ローマ字】NINNGENNITARUTOKOROSEIZANNARI

【意味】
大志を抱いて、故郷を出て大いに活躍すべきであるという意味。
スポンサーリンク

説明

どこで死んでも世の中には自分の骨を埋めるぐらいの場所はあるということ。だから、故郷にこだわらず広い世間に出ておおいに活動すべきだというたとえ。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「人間」は、人の住む世界・世の中という意味で、「じんかん」とも読む。「青山」は、死んで骨を埋める地・墓地のこと。

【出典元】釈月性の詩
【語源・由来】幕末の僧、釈月性の詩「男児志を立てて郷関を出ず、学若し成る無くんば復還らず、骨を埋むる何ぞ墳墓の地を期せん、人間到る処青山あり」より。

「人間到る処青山あり」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

人間到る処青山あり(じんかんいたるところせいざんあり)

【類義語】

青山骨を埋むべし

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「人間到る処青山あり」の例文

【日本語】「人間到る処青山ありというから、思いきって行ってみることに決めた」
【英語】
To a brave man every sail forms his country.

タイトルとURLをコピーしました